上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
nagare

「誰かが書いてくれたら俺が最後にサインをするのに」
そう本人が思っているかどうかは知らないが、「ハルヒシリーズ」の作者・谷川流が
ハルヒの本編をかけなくなってしまっている。

理由は想像がつく。
2006年にアニメ化される前は、「ライトノベルno.1」という狭い世界で評価はされていたが、
アニメがヒットしたおかげで「ハルヒ」は国民的コンテンツになってしまった。
そしてそのコンテンツは本来ならば谷川流にしか作り出すことができない。

しかしアニメやそのヒットに伴って派生したゲームやコミックのおかげで
谷川流は「自分で生産しなくてもコンテンツが増えていく状況」を体験してしまった。
「失敗作は書けない」「第一作に匹敵する名作を書かなくてはならない」というプレッシャーで
はっきり言えば谷川流はスランプになってしまった。

スポンサーサイト
2008.11.16 Sun l ライトノベル l COM(0) TB(1) l top ▲
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。