上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
ボルトカッター02

「馬泥棒は縛り首」
それが開拓時代の西部の掟だった。
そして今、我々自転車乗りはロードバイク盗難の危険に常にさらされている。
「マッドマックス~怒りのデスロード」を観た方ならご存知だろうが、
世の中には「ボルトカッター」という強力なハサミがあって、たいていの鎖を切りちぎってしまう。
その威力たるやものすごく、自転車のカギに使われている鎖など20秒足らずで切ることができる。

自転車泥棒の犯行現場を見たことはないし、犯行の手口もあまり明らかにされないが、
おそらく多くの自転車泥棒はこのボルトカッターを持っていてカギを切り、
狙ったロードバイクを盗んでいるのではないかと思う。

日本でも有数の自転車盗難多発地帯である秋葉原駅の周辺では
何度警告が出されても、無防備にロードバイクを停めて、盗まれる人が後を絶たない。
「自分だけは大丈夫」
そう思って高価な自転車を停めるのだろうが、今のところ完璧なカギなどは存在しない。

自転車泥棒を防ぐ方法はひとつしかない。
「自転車を放置しないこと」
それしかない。

スポンサーサイト
2015.11.05 Thu l 自転車 l COM(0) TB(0) l top ▲
11月1日に千葉県の金谷スタートで行われた「フェッロ・マリ・エ・モンティ in 南房総 by l'Eiyu」
というイベントに参加してきました。
このイベントは「ヴィンテージバイクを中心とする初めてのサイクリングイベント」だそうです。
http://ciclistaingiappone.jp/ferro-mari-e-monti/

スチール、そしてヴィンテージの自転車がメインということで、
かつて青森を目指すために組んだランドナーの「青森号」を引っ張り出すことにしました。
(青森には達せず、かわりに会津若松まで行った自転車)

この自転車は往年のカワムラサイクルが受注で作っていた
NISHIKIブランドのオーダーフレームを世田谷のサイクリングショップツバサで
組んでもらったら、なぜかブレーキを除いてえぐいヴィンテージパーツばかりが
使われたといういわくつきのランドナーです。

ランドナー01

イベントのメイン会場となる金谷は、自宅のある鎌倉からは
三浦半島を下って久里浜からフェリーに乗れば3時間足らずで着ける場所。
実際は久里浜までの20kmに2時間かかって予定していた始発のフェリーに乗れず、
その1時間後の次の便にもギリギリ間に合うという始末。
やっぱりランドナーは最新のロードに比べると遅いです・・・

で、会場に着くと、こんなにもあったのか!と思うぐらいの
ダブルレバーのヴィンテージロードレーサーがあふれていました。
乗っているのはかなり古くからロードレーサーに乗られているベテランの方々のようです。
見回してみると、ランドナーはほとんどいません。

ビンテージ01

そもそもこのイベントに参加しようと思ったのは、同人誌の方で記事にできるかもと思ったからです。
ところがスタートした瞬間に私はその計画を断念せざるを得なくなりました。
2015.11.02 Mon l 自転車 l COM(0) TB(0) l top ▲
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。