上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
niconico


こんなニュースが飛び込んできました。
ニコニコ動画とYouTube、JASRACに著作権料支払いへ

日本音楽著作権協会(JASRAC)は10月30日、ニワンゴが運営する「ニコニコ動画」と、米Google傘下の「YouTube」上で使用されているJASRAC管理楽曲の利用料を、それぞれの運営企業から支払ってもらう契約締結に向けて協議に入ったことを明らかにした。年内にも暫定的な契約を結ぶ予定だ。
契約を結べば、一般ユーザーが音楽会やライブなどでJASRAC管理楽曲を演奏した映像や、レコード会社が公式に配信する楽曲などを、両サイトに合法的にアップロードできようになる。
料率など詳細については検討中。JASRACが動画投稿サイトの楽曲利用条件の中に示した、「一般娯楽番組」(サイト収入の2.0%)の基準を軸に検討を進める。
両サイトは、利用された楽曲やリクエスト回数などをJASRACに報告する。
IT media 10/30


JASRACも丸め込んだところで残るは動画の権利問題だが、つまるところ完全有料化版権うp主非匿名化著作権者に権利料支払いをいかにスムーズに進めるかがメジャーメディアになれるか、時代の仇花で終わるかの分かれ目だと思う。
某クリエイターがネットラジオでこう語った。
「お前らが権利(著作権)を持っていないものをアップすることがいい とは一言も言っていないから」。
現実に月々500円支払えばニコニコ動画に常時快適アクセスして、時間さえあれば放送されたばかりのアニメやDVD特典の映像までが見放題というユーザーにとっては「おいしすぎる」のが現実。

ニコニコ動画のアカウントを持つ私も有料のプレミアム会員だが、正直言って500円では安すぎるほどの恩恵を受けている。ある意味、後ろめたいほどに。
だからと言って違法化で流れを止めてしまうのは時代のニーズにそぐわない。

いいものには金を払ってもいいと思っている。
ただし、現実に自分が気に入ったすべてのアニメ作品のDVDを購入するのは不可能に近い。画面サイズと画質を制限して動画コンテンツを配給するサービスは、現実のユーザーに最も必要とされているものだ。

動画に関する権利料の支払いが始まるのはそう遠いことではないだろう。
問題となるのは音楽版権の元締めとなっているJASRACのような組織が、動画の場合存在せず、テレビ局や各種製作委員会といったコンテンツホルダーが個々に著作権問題に対応していることだろうか。
仮にニワンゴがニコニコ動画を完全有料化して著作権料を支払おうとしても、窓口が多すぎて対応しきれないというのが実情だから、だれかがコンテンツホルダーに著作権料の支払いをするスムーズなシステムを作らなくてはならない。

いいコンテンツを生み出したクリエイターには正当な対価を。
そこをうまくやってもらえれば私の後ろめたさも消えるというものだ。

【関連】
ひろゆき氏「ユーザーも権利者もニコニコに」 新ニコ動の“企み”






【関連】
今後のニコニコ動画のビジネスについて
2007.10.30 Tue l 初音ミク l COM(2) TB(0) l top ▲

コメント

No title
このニュースの後ジャスラックが「請求する際には遡及してニコ動に請求」と報じられましたので、またひと悶着ありそうですね・・・

確かに「おいしすぎる」状態です。



リンクありがとうございました。私のほうからも早速リンク貼らせていただきました。
2007.11.02 Fri l 雲居雁乃. URL l 編集
No title
雲居さんどうも~。
ニワンゴも儲かってはいないんですよね。
でも作った人にはちゃんとお金が入る仕組みを作ってあげないと
日本のアニメ産業が危ないですからね。
2007.11.03 Sat l あきばっくす. URL l 編集

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://akibabunka.blog65.fc2.com/tb.php/10-efecce15
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。