上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
yatta.jpg


世界に理解されるには普遍性が必要なのだが、
2001年に南原清隆と原田泰三が産み出したはっぱ隊、そして「YATTA!」は
そのわかりやすさとばかばかしさと世界中でいまだに高い評価を受けている。

その原動力になっているのがYouTubeで、
カナダ人によってアップされた「YATTA!」のPV
は80万以上の再生数を数え、
いまだに世界中から賛美のコメントが寄せられている。
「2001? How come I didn't hear of this before, it's fantastic! XD」
(2001年?聴いたことなかったよ、ファンタスティック!)
「Oh what! I just got up and started dancing involuntarily! I wish I was born in Japan :D」
(すばらしい!起きたところだけどつられて踊っちゃったよ!日本に生まれたかった!)

さらには世界中からカバーやコピーダンスの動画が寄せられているのだが、
あのサビの見もふたもないダンスと「YATTA!」というフレーズは尊重されているのだ。

そしてその世界中の映像をあつめたニコニコ動画が爆発的な人気を呼んでいる。



その素材となったのはYouTubeで「Yatta」と検索すると1030本も出てくる動画の数々だ。
ものすごくクオリティが高いフランス版YATTA!
ラストに警察のご厄介になるシーンまであるw
スペイン人4人によるYATTA!
なんと一部を日本語で歌っている!
アメリカの23歳のおねえさんがYATTA!を踊る弟の画像をうp
左から二番目の背の高い子が弟さんだそうです
カナダの女の子たちによるYATTA!
着衣なのが残念だが、日本語歌詞完璧。
アメリカの高校の卒業式で全員でYATTA!
学校ぐるみで踊っているよ・・・
アメリカの「いい男祭り」でのYATTA!
イケメンぞろい
スウェーデンの若者によるYATTA!
撮影もかなりクオリティが高い。脚が長すぐるw
アルゼンチンのEl Simboloというグループによるスペイン語カバー
日本文化に対する激しい、でも間違ったリスペクトが感じられる
パソコンの画面でYATTA!を見てはしゃいで歌うオーストリアの女の子
親日家がまた一人増えました
ブラジルからもYATTA!
ちゃんとみんな「ニッポンキューキュー!」をポーズ入りでできるのがすごい
アメリカのマッチョによるYATTA!
若い女の子が結構喜んでいる
自宅で二人で踊るイギリスの女の子
2006年のアップロードだが、この年にひそかにYATTA!ブームが世界中に。
ボストンのコスプレコンテストで演じられたYATTA!
ハガレンとか犬夜叉のキャラが踊ってる
ゼーレのモノリスと思しき黒い箱をかぶってYATTA!
日本の捉え方をめちゃくちゃ間違えているぞ
タイの2007年ニューイヤーパティで太目の女の子たちが
ちゃんと葉っぱつけてるよ・・・
2006年にフランスの学校で演じられたYATTA!
Tシャツ着用だがダンスは正確
アメリカの牛乳パックから飛び出す二人のYATTA!
ビデオ撮影者が「YATTA,YATTA!」と歌ってるよ。
フィンランドからうpされた3人の若者YATTA!
しかしみんなどこから音源手に入れるのかね? 
OTAKON 2007というイベントでYATTA!
このOTAKON関係の動画は結構すごいのがある
カナダのショーパブと思しきステージで
観客が思わず歌いだすところは世界共通か
浴衣のようなものを着て踊るアメリカ人
ダンスはいい加減だが、サビの部分はちゃんと踏襲
アメリカのピアノ伴奏・生歌のYATTA!
誰がこういうのをやろうと言い出したんだろう?
アメリカ人が日本のアニメを切り貼りして作ったMAD
アメリカ\(^o^)/ハジマタ
フランスで2002年に演じられたYATTA!
日本での流行から間もないころからフランスでは人気があったようだ。
スターウォーズMMOのキャラを使ってYATTA!
葉っぱでないところが惜しい!
2007.11.09 Fri l ニコニコ動画 l COM(2) TB(0) l top ▲

コメント

No title
これ歌詞がいいんですよ。酒飲んで夜中に聴くともーれつに感動するときがある。
海外でうけるのは、葉っぱ=大麻でラリる、という意味にとらえられているという部分もあるのかな。
2007.11.10 Sat l テイク. URL l 編集
No title
はっぱ隊って番組では最初ボツネタとしてお蔵入りされてたそうですねぇ。
時間を経てあらためて見てみるとストレートな歌詞は確かに心に沁みます。
2007.11.15 Thu l 縦線. URL l 編集

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://akibabunka.blog65.fc2.com/tb.php/19-6740d929
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。