上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
astroboy

手塚治虫原作のアニメ「鉄腕アトム」はかなり古い時代からアメリカに輸出されていて
"ASTRO BOY"の名で知る人には知られていたのであるが、
どうやらハリウッドがピクサーのようなフルCGアニメとして2009年に公開するらしい。

ハリウッド版「鉄腕アトム」のコンセプトアートが公開eiga.com
AstroBoy Concept Art and Director Interviewfirstshowing.net

というわけでそのコンセプトアートとやらを見てみたのだが、正直、微妙すぎる
日本コンテンツのハリウッド・リメイクは日本全体ががっかりした「GOZILLA」で
まったく信用が置けないことがわかったが、原作レイプもほどほどにして欲しい、
というのが日本人の偽らざる本音なのではないか。
同じくアニメ化が進んでいる「ガッチャマン」、実写の撮影に入っているらしい
「DRAGON BALL」、噂は昔からあるけどたぶん実現しない「エヴァンゲリオン」と
どうもハリウッドのプロデューサーは本国原作のコンテンツで出資を募るのに
苦戦しているようで、目先が変わったジャパン・コンテンツで金集めを企んでいる模様。
そこにはわれわれが望む、「自分たちが感動したコンテンツを世界の人と共有したい」
という精神はこれっぽっちも残っていない。

つまり博打の的としてジャパン・コンテンツがジョーカーのように使われているだけで
日本のコミックやアニメのグローバル化という意味では仇花でしかない。
本当にジャパン・コンテンツに興味を持った外国人は、すでに自力で
英語字幕をつけた海賊版をYouTubeやStage6に流して学習を済ませているし、
映画のターゲットとなる「何でもいいから面白いものを見せろファミリー」には
原作がどこのものであろうが無頓着というのが実情だ。

そういう意味でハリウッドの映画産業は行き詰まっている。
多様化に逆行するような安易なジャパン・コンテンツ・レイプは誰も幸せにしない。

【関連】
Astro Boy(Wikipedia)
実写版『ドラゴンボール』のメインキャスト決定!映画生活
2007.11.14 Wed l 文化考察 l COM(1) TB(0) l top ▲

コメント

No title
こちらでは初めてコメントします~。

しかし、微妙というか・・・
この絵公開するに値しないでしょう・・・。
え?このイメージでつくるの?
大変不安になります。
CGだったらCGでイメージ作ればいいのに・・・。
このレベルの絵は日本の素人でもなかなか描かないですよ
アトムでは。

うわ、ドラゴンボール、キャスト決定したんだ!?

2007.11.15 Thu l うらはるこん. URL l 編集

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://akibabunka.blog65.fc2.com/tb.php/26-c288abff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。