上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
らぶデス2


セカンドライフには萌えがない。

アメリカ人が作ったブザイクなアバターをいくらアップグレードしても
日本の萌えに浸っているネットユーザーは使いたいとは思わないだろう。

週刊アスキーは必死でセカンドライフをネット界の
大きなムーブメントに押し上げようとしているが、
現実はミクシィと初音ミクとニコニコ動画に惨敗といったところだろうか。
広告料を払っている日本企業には気の毒な話である。
セカンドライフは詐欺」というのもあながちうそではない。

セカンドライフが日本で受け入れられる唯一の希望は
日本人クリエイターを大量起用してアバターの一新を図ること。
せめて「らぶデス2」のレベルに達していないと日本での普及は難しい。

※googleがセカンドライフの悪口を排除しているというので実験してみた。

  ・Google
  セカンドライフ     約 2,740,000 件
  セカンドライフは詐欺   約 17,500 件
  セカンドライフは失敗   約 24,600 件

  ・LiveSearch
  セカンドライフ      554,000 件
  セカンドライフは詐欺   335,000 件
  セカンドライフは失敗   257,000 件

  ・Mooter
  セカンドライフ     約 616,839 件
  セカンドライフは詐欺   約 39,945 件
  セカンドライフは失敗   約 59,054 件
2007.10.23 Tue l 文化考察 l COM(3) TB(0) l top ▲

コメント

No title
コメントありがとうございました。
なるほど、これは露骨ですね。なにかグーグルに恣意的なフィルターがかけられてきたような気がしてきてなりません。これがあまり強くなると、彼らが受け入れられた、合理的な判断が揺らいで、次の世代の検索エンジンの登場を促してしまう、そんな気がします。

今後ともよろしくお願いします。
2007.10.27 Sat l かくさん. URL l 編集
No title
どうも、コメントありがとうございます。
検索エンジンは本当に信用なりません。
マスコミによる情報操作よりタチが悪いものになって行きそうで憂慮しています。
2007.10.30 Tue l あきばっくす. URL l 編集
No title
「セカンドライフは成功」でも試してみてはいかがでしょう。
ざっと調べてみましたが、少なくともこの件においてはGoogleは単語に強く文章に弱いだけではないかという気がします。
2007.11.09 Fri l 水谷秋夫. URL l 編集

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://akibabunka.blog65.fc2.com/tb.php/5-4469ac1d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。