上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
季節がよくなったせいか、最近ロードバイクを始めたいという人に良く相談される。
その内容はやっぱり「購入金額」に関するものが多いのだけど、
彼らのほとんどは自転車専門誌を買って調べたりしない。

本屋で気になって、専門誌をパラパラめくってみても、なかなか値段がわからないし、
運よく見つけられても「\500,000」とか「\1000,000」という表示を見て、
これは違う世界の話だ、と雑誌を購入するのをあきらめてしまっているようだ。

そしてネットで「ロードバイク」のキーワードを検索して、
その中で「\50,000」とか「\80,000」という表示を見てちょっと安心し、
で、けっきょくどれがいいのかわからない、ということで私に相談してくれるらしい。

初心者に自転車を買う話をするのは難しい。

まず彼らは自転車に乗ることに対して、「なんとなく楽しそう」という
イメージはもっているが、それがどれほどの快感で、どれほどの金銭的・時間的・体力的な
コストがかかるのか、正確には想像できないし、どれほどのめり込めるかもわからない。

もしその相談者がお金と時間に余裕があるのがわかっているなら、
たぶん私は40万円以上の完成車と15万円以上の装備を買うことを勧めるだろう。
しかし海の物とも山の物ともわからない自転車にそれほどのコストをかけられる人はそうなかなかいない。

10万円で始められますか?

今まで受けたロードバイク購入相談の中で、一番多かった初期条件がこれだった。

今の時代なら10万円でもかなり楽しく乗れるロードバイクは複数存在する。
しかし「ロードバイク遊び」は自転車を買うだけでは済まない。

完成車なのになぜか付いていないペダル、
ライトやベルなどの法定部品。
タイヤチューブなどの消耗部品とそれに伴って必要なポンプ。
基本的な工具やそれを自転車に搭載する収納バッグ。
走行時にも風をはらまず、バタつかず、乾燥の早いウエア。
そして法律では義務付けられていないが、多くのサイクリストの命を救ったヘルメット。

それらの周辺グッズにもできれば10万円、最低でも5万円の出費が必要になる。
つまり、ロードバイクの完成車とともに合わせて15万円。
さらには自転車を室内保管できる住環境。

15万円あれば、ロードバイクをなんとか始められるね。
そう言うと相談者はちょっと考え込む。
自分の掛けるコストに見合う楽しみが得られるのか、怪しんでいるようにも見える。

「じゃあ、最初は5万のクロスバイクでいいかな?」
否。これは即座に否定する。
私自身。4万円のクロスバイクを買って、従来の自転車との違いに驚き、
その3か月後にロードバイクを試乗して、ほぼ衝動的に22万円のロードバイクを買ってしまった。
ゆっくりステップアップするよりも、最初にあのロードバイクの衝撃を味わってほしい。
その方がきっと自転車遊びを長く楽しめる。

そして最後の関門となるのが、ここまでレクチャーしてきた私が、
はたして信用に足る存在なのかどうかという値踏みである。

「15万円でロードバイクを長く楽しめるって、初めて聞きましたよ?」
「お店の人もそうは言ってなかったし・・・」
「立ち読みした雑誌にもあんまり書いてなかったような。」

それはそうである。
今の自転車専門雑誌で「15万円でロードバイクが始められます!」
という特集をやっている雑誌は皆無だと思う。


専門誌は雑誌の売り上げ以上に、広告収入に多くを依存している。
広告が多いからこそ、片手で持つのが重いような雑誌を1000円以下で販売することが可能になる。
その専門誌を支える広告を出稿しているロードバイクの輸入代理店の多くは
目玉が飛び出るような高額なロードバイクを取り扱っているケースが多い。
そしてそのような高級ブランドには10万円で買えるロードバイクのラインナップは
ほとんど用意されていない。

つまり高級ロードバイクを売るための広告媒体である自転車専門誌には
10万円で買えるロードバイク完成車がほとんど広告掲載されていないということになる。
誰が自分の会社の取扱商品を勧めない雑誌の特集に、広告代を払おうと思うだろうか?

以上の理由で「15万円でロードバイクが始められます!」という特集記事は、
広告に依存する専門誌にはありえないのである。

同様の理由で安いロードバイクセットを勧められないプロショップも存在する。
高級な人気輸入ブランドのバイクの取扱店になるには、「ノルマ」が存在することが多いからだ。
代理店契約を結ぶ以上、「1年間で〇〇台買取り」というような契約が存在するのだ。
つまりショップは供給過剰な高価なロードバイクをせっせと販売せざるを得ない。
「10万円のロードバイクを売るより、40万円のバイクを売った方が儲かる」というロジックは確かにある。

10万円のそこその性能がいいロードバイクを買うには、様々なショップ情報をリサーチして、
そういう自転車を扱っている、面倒見のいいショップを探すことが求められる。
(最初のロードバイクを通販やリサイクルショップで買うのは論外である。)

耳を澄まし、目を見張り、あなたのロードバイクライフを幸せにしてくれるお店を探すことに、
あなたは手間を惜しむべきではないのである。


2015.04.24 Fri l 自転車 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://akibabunka.blog65.fc2.com/tb.php/74-b5d2552b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。