上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
もやしもん01

なんで平日暇なのにわざわざ週末にアキバに行って携帯の機種変更をしているのか。
と、思わず後悔するぐらいボーナスが出た後のアキバはすごい混雑だった。
一通り巡回して散財した後に、ラジオ会館4階へ上がると海洋堂の前がすごい人だかり。
見ると発売されたばかりの「もやしもん モネラマグネット」をガチャガチャ回している。
コートのポケットを探るとちょうど100円玉が6枚。
せっかくだからと回してみたらいきなり商品見本にはないタテガミが黒いオリゼーが。
中のペーパーを確認したら、やっぱりシークレットの黒コウジカビ・「A.ニガー」。
2007.12.16 Sun l アニメ l COM(0) TB(0) l top ▲
かがみ10


「かがみは俺の嫁」というセリフをよく目にするが、
結婚経験のある私に言わせると、「らき☆すた」の中では「かがみはこなたの嫁」だった。

現実離れしそうになる(している)こなたに的確な突込みを入れて現実に引き戻し、
陰になり日向になり、常にこなたの世話を焼いて暖かいまなざしを注ぐのは
もう嫁以外の何者でもないと、私は幸せだった結婚生活を回想して思うのだ。

不思議なことにこの「かがみの嫁属性」は原作よりアニメ版のほうがはるかに強く、
さらにアニメ版のかがみは原作にないリアルさを付与されている
これは何を意図したものなのだろうか?
2007.12.06 Thu l アニメ l COM(5) TB(0) l top ▲
スクールデイズ設定資料


アニメイトと原作版権元のオーバーフロー自らの通販で
細々と売られている「TVアニメ『School Days』設定資料集」を買った。
ボリュームは130枚で2500円(税込み)。
ほとんどがキャラクターデザインのごとうじゅんじ氏自らの手によるもので、
その指定の細かさ、指定イラストの出来のよさは物凄いものがある。
極端な話、ちょっと絵心がある人ならこれ一冊で「スクールデイズ」が
原作設定どおりに描けてしまう、そのぐらいの情報が詰め込まれている。
2007.11.27 Tue l アニメ l COM(0) TB(0) l top ▲
らきすた


「聖地巡礼」の可否をめぐっていろいろな意見が飛び交っていた
「らき☆すた」の柊家の舞台となった鷲宮神社だが、結構地元はノリノリらしい。
アニメにちなんだグッズの企画などが進んでいたが、ここにきてついに
版権元と組んで【「らき☆すた」のブランチ&公式参拝in鷲宮】の実現にこぎつけた。
2007.11.21 Wed l アニメ l COM(1) TB(6) l top ▲
ぼくらの


この歳になっても、まだ心のどこかで巨大ロボットに乗って戦うことを夢見ている。

しかし巨大ロボに乗るには条件がある。
それは本人が望まないのに乗って戦わざるを得ないと言う状況。

ガンダム以前の主人公たちはそこのところに無頓着だった。
まるで生まれる前から運命付けられたように凛々しくコックピットに座り、
手馴れた様子で必殺の武器を繰り出していた。
とても非現実的な、楽天性に満ちた設定。

庵野秀明がエヴァンゲリオンを生み出した時、最も苦労したのが
戦うことを望まぬ主人公をいかに矛盾なく初号機に乗り込ませるかと言うことだった。

つまり巨大ロボに乗って戦うことを夢見る人間は乗る資格がない。
なんというジレンマだろう。
2007.11.13 Tue l アニメ l COM(0) TB(0) l top ▲
空の境界01


12月1日に公開される劇場版「空の境界」が盛り上がっていない。

前売り券はすべて完売したし、映像の出来もよいようなのだが、
新たなファンをひきつけるような「これはすごい!」的なムーブメントにはなっていない。
単館上映・全七章を順次公開という手法は限られた奈須マニアにDVDを売るには
いいかもしれないがそれ以上の発展はあるのだろうか?

もともとむずかしい小説である。
タイプムーンを率いる奈須きのこが同人時代に書き上げ、
その後講談社から一般向けの小説として販売されたが
私の周りの評価は「すごいと思うけど好きではない」という声が大部分だ。
月姫やFateのようなキャラクターと物語が互いに作用してブレイクする作品ではない。
2007.11.10 Sat l アニメ l COM(0) TB(0) l top ▲
ルイズ01

天然声優といえば金田朋子とこの釘宮理恵だが、その彼女、
「灼眼のシャナ」のシャナ役や「ゼロの使い魔」のルイズという役をこなしたせいで
すっかり「ツンデレ声優」の代表格となってしまった。
彼女の罵倒は「釘宮病」という言葉を生み出したほど中毒性がある。

しかしこの「くぎみー」こと釘宮理恵がすごいのは、演技ではなく、
ツンデレを地で行っているところである。
証拠として再生数が27万を越えたどこ動画をあげておく。
8:42から本編・死亡注意



【関連】
釘宮ツンデレワンセグ SEGNITY は無意味に操作してしまうため視聴には不向きDesire for wealth
「危険」な釘宮病コーナーアキバBlog
釘宮病アンサイクロペディア
2007.11.03 Sat l アニメ l COM(0) TB(0) l top ▲
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。